ひとったび -人と旅と物語-

世界中の物語とPhilotrade最新情報をお楽しみください!

パタゴニアを行く- 世界でもっとも美しい大地 〜究極に理想的な生活をされている写真家 野村哲也さん〜

世界中を旅する写真家、野村哲也さん。今までに125カ国訪れました。

結婚後、世界で一番美しい自然の中に住み、じっくり腰を据えて写真撮影したいということから、パタゴニア、富士山の3合目、南アフリカで2番目に古いステレンボッシュ(ワインの街)、イースター島など2年毎に移住する生活を続けており、憧れる生活をされている方です。

 

20年ぐらい前に訪れたチリのパタゴニアを訪れたことを懐かしく思い出していた頃に野村さんが書かれた「パタゴニアを行く–世界でもっとも美しい大地」に出会いました。

          f:id:philotrade:20180628192909j:plain

                                                         https://goo.gl/nvWobV

 

写真も美しい草花、迫力のある自然や生き物がたくさん掲載されています。

野村さんが書く文章は山、海、川、光、匂いが読み手にとてもよく伝わってくるんです。訪れた場所の地理や歴史、名前の由来などの説明がわかりやすい。それに出会った人々との心温まるエピソードにホロリときてしまいます。

 

一番好きな場面は、野村さんと消滅しつつある先住民ヤーガン族の末裔のウルスラさんとの会話です。野村さんはウルスラさんにちょっと意地悪な質問をします。

                            「この世で一番嫌いな人っていますか。」

  

この質問に対し、ウルスラさんはこう答えます。

「貯める人。食料、愛情、勇気、お金を自分のためだけに貯める人は軽蔑するわ…。血が体内を絶えず流れるように、すべてのものは止めちゃいけない。愛情もお金ももらったらどんどん外へ流す。絶えず流せば、より大きなものがまた別のところから流れ込んでくる。地球が回るように、すべてのものは琉転しているのよ。」

 

この場面はとても惹かれる部分で、何回も読み返してしまいます。

 

Philotradeのビジネスパートナー達とビジネスを始めてから、彼女達と話した後は元気が出てきて、そして心地よい気分になるんです。いつもこの“心地良さ”は一体何なんだろうと不思議に思っていました。

 

このチリの最南端部に住むウルスラさんの言葉によって今わかったのです。この心地良さとは彼女達が自分たちや目先のことだけでなく、周りの人々、自然、未来の幸せを考えながらビジネス、人生を送っているからなんだなあと。

 

例えば、Design Afrikaのビンキーさんはかご作りの伝統技術を守りながらもモダンなデザインと融合させ、世界に通用する籠を作れるように女性達と頑張っています。

  f:id:philotrade:20180628193645j:plain

  

大切な素材となる草木をとりすぎないように、持続可能な収穫方法をとっています。

  f:id:philotrade:20180628193715j:plain

 

Recreateはこの世界には物がありふれている。それならすでにある物を使って、新しいユニークな商品を作ればこの地上からいらないものがなくなっていくのではないかと考えました。

  f:id:philotrade:20180628193814j:plain

 

捨てられた自転車の車輪を壁掛け時計に、古いスーツケースをおしゃれなソファーに作り替えたりなどワクワクするような商品がたくさんあります。

  f:id:philotrade:20180628193854j:plain

 

  f:id:philotrade:20180628193859j:plain

 

最後に、EkmattraEkmattraバングラデシュ貧困層に属する心身ともに傷ついた女性を支援しているNGOです。キラキラULKAペン作りを指導している渡辺麻恵さんは、ベンガル語が堪能!我々が想像できないほど辛い背景を背負った女性達と心を通わせるためには、現地の言葉でコミュニケーションをとることが必要だと考え、(本人は言いませんが)一生懸命ベンガル語を学んだそうです。

  f:id:philotrade:20180628194026j:plain

 

今では女性達の方から新しいデザインの提案をしてくるようにまでなったそうです。渡辺さんはEkmattraの雑貨づくりの他にも、ステージでベンガル語で歌を披露したり、ドラマにでたりなどとても多才な方です。

f:id:philotrade:20180628194118j:plain

 

日々忙しい生活をしていると、ついつい自分中心になってしまったり、目先のことだけしか考えられなかったということは誰にでもあるでしょう。しかし、彼女達は他の人の幸せ、今存在しない物、人、地球の幸せを自分の幸せと感じられるところがとても大きいのです。だから彼女達がもつ技術、知識、時間、経験を惜しみなくどんどん流していっているんです。

 

ですから、私たちも彼女達のこと、彼女達が作る商品についてのストーリーを一人でも多くの人に語り、流していきたいと思っています。

 

現在、信濃追分文化磁場油やで7/2(月)まで初のポップアップショップを開催しております。多くの方と直接Philotradeのストーリを共有することができ、「幸せを感じた」「感動するお話をありがとう」とたくさんの嬉しい言葉をいただきました。

 

残り4日、皆様のお越しをお待ちしております。